肌荒れを起こす便秘はなぜ起こる?肌荒れと便秘の関係性

便秘の時はなんか肌の調子も良くないと感じている方が多くいます。なぜ便秘になると肌のトラブルが起きるのでしょう?

 

便秘と肌荒れの関係

 

便秘は腸内環境が悪く、腸に不要物がいつまでも残った状態です。

 

残った不要物は腐敗をはじめこれをエサとする腸内の悪玉菌が繁殖し、有害物質を発生します。

 

この有害物質が血液などによって体内をめぐり、毛穴から外に出ようとします。便秘に時に体臭がきつくなるというのは毛穴から出た有害物質の匂いです。

 

また皮膚は毛穴から有害物質を出すことで手いっぱいになり、本来の新陳代謝がうまくいかなくなり肌荒れや吹き出物など様々な肌のトラブル起こす原因になります。この肌荒れや吹き出物を起こす原因の便秘はなぜ起こるのでしょうか

 

便秘の原因

 

肌荒れを起こす便秘はなぜ起こる?肌荒れと便秘の関係性

 

運動不足

 

運動不足により、筋力が低下します。人は排便の時に腹筋に力を入れて、便を外には排出します。その腹筋の力が弱まってしまうとうまく排便が出来ず、体内に便がたまってしまうため便秘になってしまします。

 

もう一つ運動をすることによってストレスが解消したり、すっきりした気分になることができます。

 

このように気持ちが落ち着いてリラックスしているときは副交感神経が活発に働いている状態です。

 

副交感神経が活発に働いている状態は、食欲も出て腸も活発に働きます。腸が活発に働いてくれているので、健全に排便が行われます。

 

このように運動は筋力と神経に効力を発揮してちゃんと運動をしていれば腸は活発に働いて、運動不足では腸の働きが弱ってしまうということです

 

腸内環境

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在します。善玉菌は食べたものの消化や吸収を活発にする効果があります。

 

腸内で善玉菌が多く存在している場合は腸内環境が活発になり、また免疫力を上げてくれる効果もあります。逆に悪玉菌が多く存在している場合は腸の活動を鈍くする働きをします。

 

またこの悪玉菌が多く存在する場合は病気を引き起こす原因にもなります。そのため悪玉菌が多く存在している場合は腸の働きが弱まり便秘になりやすく、病気を発症する原因にもなります。

 

しかし善玉菌は悪玉菌を減少させる働きによって活発に活動するので、悪玉菌が全くない状態でも腸内環境は悪化します。善玉菌が多く悪玉菌が少ないというバランスが大切になります。

 

ビフィズス菌や乳酸球菌などが善玉菌なので、ヨーグルトなどビフィズス菌を多く含んでいる食べ物で補給することができます。

 

キャンドルプッシュは危険!

 

肌荒れを起こす便秘はなぜ起こる?肌荒れと便秘の関係性

 

最近では、キャンドルプッシュやセンナ茶といった下剤に近いお茶などで便秘を解消している方も多いようです。

 

しかし、これらのお茶は健康的に便秘を解消するのではなく、あくまで下剤に近い効果のあるものです。

 

なので、慢性的にしようすると腸の働きを抑制してしまうだけでなく、腸内環境も悪化させることがあるので注意が必要です。

 

消費者生活センターでは、キャンドルブッシュを過剰摂取すると、医療用医薬品と同等の効果があることが分かり、注意喚起が出されています

 

引用 便秘茶ランキング|便秘に効く!副作用のない安心のお茶

 

水分不足

 

体内に必要な水分が供給されない場合、便の水分も低下してしまって硬くなってしまいます。硬くなった便は排出しずらくなり便秘につながります。

 

また便の中には食物繊維が含まれています。水分が十分に供給されていれば食物誠意は水分を多く含みます。水分を多く含んだ食物繊維を含む便は膨張して、腸を活発に活動させ排便へとつながります。

 

逆に水分を含んでない食物繊維は便の膨張を妨げて、排便しづらい便をつくります。そのため食物繊維が不足してしまっても便秘を起こす原因になります。

 

過度なダイエットは体内に必要な水分まで抑制してしまうので便秘の原因になります。また高齢者などはのどの渇きに鈍くなってしまい、水分不足を起こすことがあります。

 

このように便秘を起こす原因は様々ですが、適度の運動とバランスの良い食生活が便秘解消には大切になります。

 

 

便秘で肌が敏感なときは?

上記で紹介したように、身体の内側から本本的な便秘の解消が1番必要ですが、すぐに「便秘を解消→肌の安定」には、少し期間が必要になってきます。

 

便秘が解消して健康的な肌を取り戻すまで、敏感肌用のスキンケアで外からのケアも大切です。便秘によって肌が敏感になっているときこそサエルなどの敏感肌用化粧水でケアしてあげましょう。